天皇賞秋回顧

投稿者:

天皇賞秋はアーモンドアイの圧勝で終わりました。

他陣営も口にしているように化け物ですね。
近代競馬は、なんだかんだ好位から進められる馬が一番強いと思っていて、究極の理想を言えば、全盛期のサイレンススズカみたいに逃げて差せる競馬で、逃げてるのに差し馬みたいな上がりの脚を使われたら、当然誰も追いつけない訳です。
後ろから行く馬はどうしても、展開に左右されたり、不利を受けやすくなるので、そういう意味ではディープインパクトやオルフェーヴルも4角までに捲って更にそこから差せるので、これはこれで最強かもしれませんが。
と、ここで最強馬論争を展開するつもりはないのですが、歴代の名馬を引き合いに出したくなるほど、強烈なインパクトを残したアーモンドアイの勝利でした。
アエロリットの作る前半1000mを59秒の淀みない流れを5番手でつけて、後半57秒で上がられたら、普通の馬には追いつけないし、それこそ全盛期のサイレンススズカのような馬じゃないと逃げ残ることも不可能で、もはや中距離の高速馬場では負けるシーンは、余程の不利やアクシデントが無ければ考えられないのではないでしょうか。
2着のダノンプレミアムと、3着のアエロリットに関しては、本当に相手が悪かったとしかいいようがないですね。
それぞれ、自身の走破タイム的にもアーモンドアイさえいなければ、普通に優勝しててもおかしくないです。
ダノンプレミアムは、けっこう評価している馬でして、理由は冒頭に述べたように、先行して差せる脚を持っているからです。
良い例が、金鯱賞やマイラーズカップの競馬で、あれをやられたら後ろの馬は何もできません。
それをしてもさらに上を行ったのがアーモンドアイだっただけのことで時代が悪かっただけです。
マイルCSはダノンキングリーが出るので、出ないと思いますが、出れたならば普通に優勝してもおかしくないでしょう。
アエロリットも感心するレースでした。
有力馬の見解でも述べましたが、東京コースでのスピードの持続力は特筆するものがあり、1ハロン伸びてどうかと思いましたが、最後はサートゥルナーリアにいったん交わされるも差し返す根性を見せました。
4着のユーキャンスマイルは、これまでSペースの瞬発力勝負が多くて、アエロリットが作る流れるペースでどうかと思いましたが、2着まで0.1差の4着ですし、やはり左回りは走るし、力をつけてきていますね。
次走JCなら、普通に外せない一頭になるでしょう。
5着のワグネリアンも僅差でしたし、ダービー馬の意地を見せましたね。
惜しむらくはやはり、外枠に入ってしまって、福永Jも、もう一列前につけたかったが、外枠から取りつけるのに、あの位置になってしまったとのことですので、内目の枠だったら2着争いに割って入っていた可能性は充分にあります。
次走がJCだとしたら、もちろん外せない一頭ではありますが、ダービーを勝っているものの本質的に、ベストは2000mくらいでしょうから、距離伸びるのはプラスとは言えません。
6着のサートゥルナーリアは、見解でも述べたとおり厳しい展開の底力勝負になった時の脆さを露呈した形ではないでしょうか。
展開は違えどダービーの時も、強気に大外を回した分、最後にヴェロックスに差し返されましたし、今回は最初の1ハロン以外ずっと11秒台が続く淀みない流れで、勝ちに行った分、最後に余力が無くなったということでしょう。
スローで流れる展開であれば無双できる可能性はありますが、厳しい展開になった時が課題ですが、まだ3歳ですから、これからまだ成長する可能性はありますので楽しみにしたいと思います。

Source: 腹八分目予想 -競馬好き!!-

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です