回顧

投稿者:

【クイーンC

本ブログでも記載しました通り、やはり勝ったクロノジェネシスとビーチサンバの力が抜けていましたね。

 

3着以下馬が本番で上位2頭を逆転するのは難しそうです。

 

つまり、別路線組の今後の結果にもよりますが、3着以下馬が本番で馬券対象になる可能性は極めて低いでしょう(そもそも出れない馬も多いと思いますが)

 

 

・クロノジェネシス

 

クロノジェネシスは本当に強かったです。

 

直線入った時もビーチサンバの追い出しを待っていましたし、抜け出してからはゴール前では最後手綱を抑える余裕も見せました。

 

阪神JF回顧でも一番強い競馬をしたと記載しました。

 

桜花賞は適性のこともありますし、ダノンファンタジーやグランアレグリアとの比較をしなくてはならないのでまだ分かりませんが、今のところオークスの本命はこの馬で決まりです。

 

 

・ビーチサンバ

 

これも阪神JF回顧にも記載したとおり、自分の力は出し切り善戦するというキャラの印象は変わりません。

 

ただ、常に馬券圏内には入ってこれる力はありますので、頭狙いは難しくても、ヒモでは必ず入れておかないといけない馬でしょうね。

 

 

・カレンブーケドール

結果的に共同通信杯を制したDキングリーとデビュー戦でタイム差無しの勝負をしていてポテンシャルはあるでしょうし、レース後のジョッキー談話で距離がもう少し欲しいとありましたから、フローラSあたりに出て勝ち負けするようなことがあれば、オークスでは注意しなくてはいけない馬になるかもしれませんね。

 

 

 

【共同通信杯】

 

・ダノンキングリー

AマーズとフォッサMを見ながら抜け出すタイミングを見計らって、切れ味で図ったように差し切りました。

 

少頭数でしたし、展開的には(Aマーズという)目標があって楽な競馬だったとは思います。

 

皐月賞に向けて、抑えなくてはならない馬になったのは間違いありませんが、Aマーズのほうが強い競馬はしたと思います。

 

 

・アドマイヤマーズ

Dキングリー欄でも記載したとおり、展開的には厳しい競馬(目標になったし、上りの勝負になりディープの切れに負けた)をしたし、強さは見せたと思います。

 

勿論、本番へ向けてのステップレースですから、ここから状態も上がるだろうし、ごちゃつきやすく、直線も短い中山ではこの馬の先行力は魅力的です。

 

正直、これまでは抜けた強さと思えなかったのですが、長い東京の直線であれだけ頑張れるのだから、改めて根性がある馬と思いました。

 

伸び伸び走らせた時の爆発力を考えると、強いのはサートゥルナーリアだと思うし、ダービーはこの馬だと思いますが、皐月賞は多頭数で捌けないリスクを考えると、Aマーズのほうが前でレースを作れる分、頭はどうかも軸には最適な気がします。

 

 

・クラージュゲリエ

特に回顧できるほど見どころはありませんでした。4角手前でけっこうジョッキーに押されていたように、反応が悪いというか気難しい馬なのでしょうね。

 

札幌2歳Sの時も向う正面で気合いをつけられていましたし。今後のタッグがどうなるか分かりませんが、力で促していかないといけない馬に、武豊Jは合わない気がします。

 

 

・フォッサマグナ

Aマーズの2番手につけて、デビュー戦のように切れ味でゴール前に交わす競馬を見せてくれるかと思われましたが、完全に脚が止まった訳ではありませんでしたが伸びませんでした。

 

ジョッキー談話でもありましたが、あの感じを見るとやはり普通に距離の壁なのでしょう。

 

とはいえ、まだ2戦目ですし、仕切り直しの次走以降、距離短縮で自己条件ならアッサリ、NHKマイルCトライアルで勝ち負けするようであればマイルCでは改めて注目しなければなりませんね。

 

 


【京都記念】

スローで流れたところ、ブラックバゴが捲りペースアップするも、比較的前目につけた上位人気の馬で決着するレースでしたが、正直、メンバー構成も含め、次走に繋がる何かを見出せたレースに思えませんでした。従って回顧は一言ずつくらいで。

 

・ダンビュライト

見解にも書いたとおり、瞬発力だと分が悪く、時計がかかる京都の馬場、ブラックバゴが捲ってレース全体のペースが上がって、前目から押し切れました。

各馬の上りが35秒前後かかっており、こういう展開ならやれる馬ということで、今後も高速馬場や瞬発力勝負になりそうなレースでは善戦できても馬券圏内はどうでしょう。

 

・ステイフーリッシュ

善戦するところが、段々、お父さんに似てきましたね。Hレベル世代ですし、G1では少し荷が重そうですが、G2、G3クラスの中距離であれば常に抑えたほうが良いかもしれません。

 

・マカヒキ

欧州遠征後、仕様が欧州仕様に変わったのかとにかくキレなくなりました。ある意味こういう展開、こういう馬場で上位に差し込んで来たので、未だネームで売れてしまうので買いづらいですが、時計のかかるレースでは抑えたほうが良いですね。

 

・ノーブルマーズ

◎馬として推奨するも全く良いところがなかったですし、高倉Jも乗り難しくなってきているとコメントしているように、買いどころが難しい馬となってしまいました。

ただ、今後も忘れたころにどこかのタイミングでは圏内にくることもあるでしょうから、来られたら諦めると腹を括るか、常に少額でも抑えるかですね。

 

 

 

 

 

Source: 腹八分目予想 -競馬好き!!-

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です