天皇賞秋2021展望-展開と馬場から

投稿者:

明日府中のG1天皇賞秋の展開と馬場からの考察を投稿します。今年はなかなかのメンバーがそろっていて目移りがするなか、オッズは完全に三強の様相です。

展開から

逃げ馬いません。どの馬が逃げるかは皆目見当がつきませんが野心的な騎手ののる意外な馬が逃げるような気がします。とはいえ普通に考えるとハイペースにはならないということになるのですが、スローの決め手勝負と決めてかかるのもあまり感心しません。予想する上で展開は意識しすぎない方が良さそうに思います。

馬場から

土曜日府中の芝のレースをみると、基本先行有利とみます。追い込み馬が二勝していますが、一つは一倍台の圧倒的人気の馬が後ろからじっくり行ったものと少頭数の重賞でのものでした。Bコースに変わったこともあり暫定馬場差は-0.5秒でこれは開幕週と同じくらいの速い馬場です。問題は天気で明日は午前中から降り始めレースまで5mmから10mmくらい降りそう。雨量は正直わからないですが、渋った良馬場くらいで予想しようと思います。

考察

パンパンの良馬場であれば指数最上位のグランアレグリアでいいとおもっていたのですが少し渋った馬場で10ハロンとなると少し不安になってきています。三強の中で雨が降れば降るほど買いたくなるのはエフフォーリア。エピファネイア産駒で道悪は良さそうですし、10ハロンはベストでダービーでも強い競馬をしているのは魅力です。
穴っぽいところで面白いと思うのがトーセンスーリヤ。いい枠に入った先行馬で若い騎手が思い切ってこの馬で逃げたりして穴を開けたりしないものか。

Source: 温故知福馬

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です