1月14日/京成杯♡予習(過去レース) 

投稿者:

どうも直江です。

キース予習が間に合わないので、
まつげ

2018年 12.5 – 10.7 – 12.2 – 11.8 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 12.5 – 12.3 – 12.2 (35.4-37.0) 2:01.2
勝馬 ジェネラーレウーノ 2-2-2-2 36.3
うーの

道中2番手 ここでは一枚能力が上だった。前走葉牡丹賞。
12.6 – 11.5 – 12.3 – 12.7 – 12.9 – 12.4 – 12.0 – 11.7 – 11.3 – 12.0
のラップを逃げていて赤くしたところである程度ペースへの耐性は見せていてくれた。勝ち時計も2:01.4と馬場を
考えると優秀。


2017年 12.6 – 11.2 – 13.1 – 12.1 – 12.6 – 12.2 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 12.1 (36.9-36.3) 2:02.5
勝馬 コマノインパルス 12-12-10-7 35.6
コマの

道中は後方だが赤いところを徐々に押し上げて最終コーナーでは好位へ。この馬も前走葉牡丹賞で
12.3 – 11.3 – 12.7 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 11.9
というラップをレイデオロの二着と好走。ペースへの耐性は見せてくれている。

2016年 12.7 – 10.8 – 13.112.412.8 – 12.0 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 12.2 (36.6-35.7) 2:01.4
勝馬 プロフェット 4-4-5-3 34.6
プロフェット

好位後ろから。高速よりの馬場で青いところでこれだけ息が入れば好位有利か。後方からのメートルダールは
能力はあるけど展開に泣いた形。
プロフェットも札幌2歳で
12.5 – 12.0 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 12.4 – 12.1 – 12.3
とある程度ペースへの耐性は見せてくれている。
前走の萩ステークスは
13.3 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 11.7 – 11.7 – 11.4 – 11.4
と5着と瞬発力がない所とこの馬のスピードの足りなさを見せてくれた。ここを負けたからって評価を下げる人は無能。札幌2歳で京成杯へ必要とされている能力があるのは見せてくれてるわけだから。

2015年 12.4 – 10.8 – 13.1 – 12.5 – 13.1 – 12.7 – 12.0 – 11.7 – 11.7 – 12.3  (36.3-35.7) 2:02.3
勝馬 ベルーフ 11-12-13-12 34.8
ベルーフ

画面の外からベルーフ。上がり34.8を見てもらえばわかるけどそんなに速くない。
ただ映像からは鬼脚に見えるでしょ?これが京成杯で一番求められるスピードの持続力。
前走エリカ賞。
12.6 – 10.9 – 13.1 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 11.9 – 11.9 – 11.7 – 12.2
前有利の中後方から上がり34.8最速で勝ち。ベルーフも赤い所である程度のペースへの耐性、凄い持続力を見せてくれている。

今年は少頭数になりそうで2013年のフェイムゲームが勝った年と同じ感じで道中が緩みそうな?

当時と違い今の中山は芝状態が良好で高速馬場。

緩むようだと好位有利か。

ちなみに今年の葉牡丹賞はレコード決着。開幕週とペースが流れた為。

12.5 – 11.1 – 12.0 – 12.2 – 12.3 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 11.4 – 12.0
あるペースへの耐性も見せてくれているシークレットランは過去ラップからだと有力に見えますが‥


Source: キースの競馬レース♡予習

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です